美しい鉱物 鉱物標本、宝石について勉強するならお勧めの一冊。これが有ったから私は鉱物収集を続けられている!

こんにちは、アキモトです。

 

この記事では、鉱物について学べる、お勧めの鉱物図鑑の書籍

 

美しい鉱物

 

について紹介していきたいとおもいます。

 

鉱物収集を始めるに当たって、

鉱物についてしっかりと把握する、

勉強する事って非常に、非常に大切です。

 

鉱物について勉強して把握できれば、

 

ネットを通じて誤って割高な値段で鉱物を買ってしまったり

名前や見た目に騙されて偽物の鉱物を買って

後悔してしまうこともなくなったりしますし。

 

お買い得品や手に入りづらい

掘り出し物の希少鉱物との出会いも見逃す事もなくなって

超お得に鉱物収集を謳歌することもできます。

 

同じ鉱物好きの人との会話でも話題が尽きることもなくなるので

同じ趣味の人と友達になれたり、自分を通じて鉱物収集を始める友達が増えたり

鉱物標本を扱っているお店や、業者さんとも仲良くなれます。

 

さらに

 

職場やプライベートで趣味は鉱物収集です。

って胸を張って言えて

知的な趣味だと言われて自分自身の印象もよくなるし

 

石についてならこいつに聞いとけ!

なんて友達経由で鉱物好きの人を紹介されて

宝石や石選びで友人に頼りにされるようになったりと、

本当、自分にとっても接する周りにとっても非常にいい結果を齎してくれます。

 

ただ、勉強にもいろいろな方法がありますよね。

今ならネットで調べたり人から聞いて覚えるという手も使えます。

 

ですが、

 

鉱物について勉強を始めるなら

美しい鉱物 を買っちゃうのが

一番手っ取り早いです。

 

なぜそんなに言い切るかと言いますと、

 

美しい鉱物 は

鉱物についてすぐ理解できるほど詳しく、

分かり易く解説しているからです。

 

美しい鉱物に出会って、今のコレクター人生がある。

鉱物の知識を身につけるのにわざわざ書籍買うの?ネット検索でよくない?

 

何でもネットで調べられる時代にわざわざ本買うなんてー

 

と思う人もいるかもしれません。

 

確かにネットで調べて勉強するのはお金も掛からないし、

いつだってすぐ始められますので、

ハードルはとても低いものです。

 

鉱物についてであれば、メジャーな鉱物はそれこそ

沢山の記事で取り上げられていますし

詳しく書かれている事もあります。

 

しかし、

 

ネットで得れる情報は、

実際はサイトによって大きく偏りがあったり

情報量自体が少なく内容が薄っぺらかったりします。

 

仮に詳しく書かれていたとしても

 

活字だけで、図も何もなかったりしてカッチリした

大学のレポートのようなサイトであれば

 

専門用語を多用していて、

分かりづらいだけで余計に混乱してしまいます。

 

成分式だとか、結晶構造だとか小難しい事が書かれてても

鉱物収集始める前なんて全然理解できないですし。

 

結局匙を投げて

鉱物についての勉強自体

後回しにしてしまったりしてしまう事だってあります。

 

そして何より

 

ネットの情報には嘘がとても多いです。

 

ネットで得た情報の中には鉱物収集において、

とても致命的で悪質な嘘の情報が含まれている場合もあります。

 

私は嘗てその嘘の情報を鵜呑みにしてしまい

友達に自信満々に話したところ

大恥をかくだけでなく

総スカンを食らってしまいました。

 

具体的には・・・

 

ネットで調べた情報が嘘だった。おかげで友達と自分の生きがいを無くしそうになった。

友達にネットで調べ知った鉱物に関する豆知識、

お勧めの鉱物や産地などについて教えていたある日の事。

 

私は、友達にお勧めしていた石を見せられ

呆れ気味にこう言われました。

 

「お前これ、ニセモンじゃんこの石。違う石を染めて作られてるみたいだぞ。」

「お前の情報だいぶ適当じゃん。」

 

「どうすんだよこれ、本物の原石だって聞いたから買ったんだけど。」

「しっかりしろよ、ちゃんと確認してみろよ」

 

ネットでしっかりと調べているのに!

何かの間違いだろう?

 

私は焦りながらも、友達に言われたとおり

確認するためにその石をもう一度ネットで調べてみました。

鉱物 偽物 と。

 

すると

 

その偽物の石に関する記述をしたサイトの中には

鉱物を染料で染め上げてまったく違う種類の鉱物と偽っていたりするものや

 

宝石として価値のある鉱物に似ているからと

まったくの別種にもかかわらずその宝石の名を借りて流通しているもの等、

ほかにも様々な偽物や模倣品の情報を見つけたのです。

 

その中には、私が友達にお勧めした鉱物もあり、

友人にはその場で嘘の情報を与えてしまった事を謝りました。

 

絶交やハブられるとまでには至りませんでしたが

嘘の情報を教えてしまったが為に信用が落ちて、

 

その友達と私は、

以降声もかけづらいぐらい微妙な関係になってしまいました。

 

美しい鉱物との出会い。悩みを打ち明けたら仲の良い鉱物店の店主から1冊の本を渡された。

 

友達に嘘の情報を与えてしまった。そんな経験から、

 

自分の知識はいい加減なものなのではないか

 

という恐怖を抱き、

あまり人とも鉱物について

話せなくなってしまってしまいました。

 

それだけではありません。

 

心にも余裕が無くなって

だんだん大好きだった鉱物集め自体も疎かになり

友達の信用が無くなってから、鉱物について以外であっても

人と話すこと自体も少なくなりました。

 

唯一の生きがいであった友達との鉱物収集という時間を失った私は

孤独感に溢れ、何事も楽しむ事が出来なくなりつつありました。

 

しかし

 

今までの楽しかった鉱物収集の時間を

どうにかして取り戻したいと思った私は

一人での勉強をやめ、

馴染みの鉱物標本店の店主に相談してみることにしました。

 

すると

 

「変にネットで検索するよか、しっかりと図鑑とか買って見るだけでもぜんぜん違うよ?」

「これなんかどうかな、図鑑なんだけど。結構詳しいし、お値段も手頃でお買い得だよ」

と、店主から手渡されたのがこの本、

 

美しい鉱物

 

でした。

 

その日の帰り、電車の中で

「図鑑なんて小中学以来、ぜんっぜん見てないよなぁ

だいたい絵を見て満足してた気がする」

 

「ネットで何でも検索できる時代に、

図鑑をわざわざ見るってのもなんか前時代的でちょっと気が乗らないな」

 

などとぼやきながら、渡された本を取り出し

流し読みするような感じで見ていきました。

 

出版元は、学研グループ。教育サービスや、コンテンツ事業のプロだった。

 

この渡された本、

美しい鉱物は、非常に信頼できる書籍でした。

 

なぜなら・・・・

 

まず出版元が、

教育サービスやコンテンツ事業を行っていて、

多くの書籍を出版している

 

学研

 

という企業です。

 

本の内容も当然、

ネットで調べて見つけたサイトの

適当だったり、変な情報うすっぺらな情報ではありません。

 

それぞれの鉱物のページには、美しい鉱物の写真とともに

一目見るだけでどういった形の結晶ができるのか把握できる図もついていました。

 

それに加えて、その石の特徴と産地だけでなく、

かつてどのような用途に利用されたのかも

しっかりと載っていました。

 

石についての正しい情報が非常に多く載っていたのです。

 

私自身、子供の頃に買ってもらった

幼児向けの学研の書籍に載っていた鉱物のページを見て

そこに乗っていた写真の鉱物に様々な思いを巡らせていた時期があったので

 

「20年近くの時をえてもう一度、お世話になるとはなあ」

と、幼少期を思い出して

ついつい、電車の中で乗り過ごすほど夢中で読破してしまいました。

 

美しい鉱物を見て正しく鉱物を把握したら、見識だけじゃなく友達の輪も広がった

 

美しい鉱物は、大体のメジャーな鉱物が詳しく載っていて

鉱物収集の視野が広がっていくので

それをベースにどのような鉱物を集めようか等の

目標も作りやすくなります。

 

鉱物についての知識が身に付いて、

ネット通販でもニセモノを買ってしまう事もなくなりましたし

 

かつて嘘の情報を与えてしまって信用を失ってしまった友達にも、

出版されている書籍由来の

しっかりとした情報を教える事ができるようになることで

自信も持てました。

 

「なんだ、アキモトの言ってた事は、偶々情報が間違ってただけなんじゃん」

 

「ごめんな、なんか適当な事しかいってないとか勘違いしていたわ」

 

「これからも鉱物とか石でわかんないことあったら聞くわ」

 

と、嘘のように関係も回復できました。

 

鉱物知識で同じ趣味を持つ人と広がり続ける友達の輪。お店の人とも仲良くなって素敵なサービスも。

 

鉱物知識を正しく得たおかげで

ほかの鉱物好きの人たちとも話が続くようになるだけでなく

 

次から次へと話題がすぐに出てくるようになって

すぐ打ち解けるようになりました。

 

さらに、鉱物の知識があることから鉱物標本店に行くことがあれば

店内で鉱物の話で盛り上がって

 

鉱物標本店の店主ともより仲良くなって

贔屓ぎみのちょっとしたサービスを受けれたりして、

 

気がつけば、私の回りに沢山の鉱物収集の友達ができていました。

 

おかげで鉱物集めのモチベーションもさらにあがりましたし、

鉱物標本店の店主やお客さんと一緒に

お店の閉店まで鉱物について夢中で語り合ったり

 

その後、そのままの流れで皆してレストランへ食事にいって

夜遅くまで自分のスマホなどでコレクションの写真を見せあいつつ、鉱物談義して

終電を逃しそうになって大慌てで帰宅したり。

 

友達と一緒に都内の鉱物店や

ミネラルショーをめぐって、気が済むまで買い物を楽しんだり。

鉱物収集が本当によく捗るようになりました。

 

美しい鉱物を読んで、基礎的な鉱物の情報を把握したからこそ

同じ趣味の人や、先人達との話をしっかりと理解することができるようになって

 

よりいっそう、鉱物の世界へのめり込め

鉱物収集が最高に楽しくなりました!

 

しかし、もしこの美しい鉱物に出会わなかったら・・・・

過去の私のようにまた、

 

「鉱物集めながらネットで調べて勉強するからいいや」

 

と、ネットで調べた嘘の情報を、

自信満々に友達や鉱物店の店長などに話していた事でしょう。

 

それによって、どんどん恥を重ねて孤独になっていったり

また、適当な鉱物を高値で売りつけられたり、

 

そもそも偽物であっても気づかずに購入して・・・

非常にもったいないお金の使い方をしていたでしょうね;

 

鉱物収集の勉強はやっぱり書籍が一番。ネットだけで済ませたい気持ちもよくわかるけどそれって危険。

 

貴方の鉱物収集ライフを豊かにする為にも、

基本的な鉱物の種類を把握することはとても重要です。

 

ただ、せっかく

鉱物について勉強しようする、

理解しようって気持ちを持っているのに

 

その肝心の勉強を

ネットで検索する事で済ませてしまうのは

本当に勿体無いし危険です。

 

たしかに、ネットでの勉強は

正しい情報もまざっています。

 

私も最初はネットだけで済ませようと思っていましたし、

気持ちはすごい良くわかります。

 

ネットで検索するだけなので始め易いし

使い方次第では大量の情報を集める事もできる、

お金も掛からないしとても楽です。

 

自分なりの方法で鉱物についての情報を得よう

という気持ちは個人的にとても大好きだし、

応援したくなりますが

 

しかし

 

それでもし、嘘の情報を得てしまっては

余計な時間になってしまいますし、

誤った知識を披露して大恥をかいたりして、

 

最悪、友達との信頼関係も失われてしまいます!

 

せっかく鉱物収集を趣味とし

鉱物について詳しく興味を持ってくれたのに、

嘗ての私のように嘘の情報で辛い思いをしてもらいたくないのです。

 

だから、間違いのないしっかりとした知識を身に着けて

鉱物収集の楽しさを良くしってほしいし

 

おなじ鉱物収集を通じて仲間を集め、

一緒に鉱物について語り合ったり

イベントへ遊びにいったりと・・・

 

鉱物収集を120%楽しんで頂きたくてこの本を紹介しました。

 

まとめ 私は美しい鉱物によって鉱物収集の世界が大きく広がった。

ネットで集めた知識で、すべてを知った気になって

嘘や誤った情報を友達に教えてしまった私は、

鉱物収集の楽しみを共有できる大切な友達も失いかけました。

 

寝ても覚めても鉱物のことを考えていた私にとって、

鉱物について語り合えたりできる時間を失うということは

毎日死んだように生きているような辛い事でした。

 

間違った知識を得ることは

偽物を掴まされる、割高で鉱物を購入してしまうどころか

信用を失い、過去の私のように一人ぼっちになる事もあるのです。

 

この本を買って、鉱物の正しい知識を把握していれば

鉱物について詳しくなり、鉱物店やイベントでの会話も詳しく理解できて楽しめるし

同じ趣味の友達とも沢山出会えるでしょう。

 

私も正しい知識を得てから、毎月のように鉱物の即売会ミネラルショーや

石フリマなどに何度も友達と足を運び、

図鑑を見ながら目当ての鉱物を探し回ったりしていますし

 

泊りがけで鉱物を見て回って

自分の好みの鉱物を探して購入したり。

 

知識を得るという事はそれだけでなく、

自分の好きな鉱物がなんなのか名前や外見も把握できるし、

相場も調べられるようになりますし、

 

今まで自分が欲しかった鉱物が

どんな名前で出回ってるかも分かるので

 

鉱物標本店の店主に取り寄せてもらって

無事手に入れることができたりしました。

 

鉱物についてよく知れるだけでなく、

それによって自分と趣味のあった人と仲良くなって友達が増えて・・・

 

イベントに備えてホテルに泊まる際、友達との鉱物談義に華が咲いて、

好きな鉱物や結晶の色艶などについて

ついつい夜遅くまで語り合ってしまったり。

 

鉱物標本店とは仲良くなってから贔屓してもらえて

お店で購入した鉱物とは別に

プレゼントとして4種類も鉱物標本をプレゼントされたりなんかして

 

本当に最高の鉱物収集ライフが送れています。

 

私自身も本当にお世話になったし、

今の私の快適な鉱物収集ライフの形成に一役買っています。

 

これは是非、今この記事を読んでいる貴方にも

いまから鉱物収集を始める貴方だからこそ

鉱物についてもっと知っておきたい、そんな貴方へ

私はこの本を紹介しました。

 

これを切欠に一人でも多くの人が

鉱物の世界に深く入り込んで、

鉱物のもつ美しさやロマンを共に楽しめるようになれば幸いです。

 

美しい鉱物 はこちらで購入可能です、もしよかったらどうぞ

↓        ↓         ↓        ↓

美しい鉱物 レアメタルから宝石まで鉱物の基本がわかる! (学研の図鑑) [ 松原聡 ]

--------------------------------------------------------------------------

 

 

鉱物集めは一生続けられる最高に楽しい宝探しでした。

地球に散らばる天然の美術品、鉱物。

貴方は何がきっかけで、鉱物に興味持ちましたか?

アニメやゲームの

重要アイテムとして出た綺麗な石を見て、

「こういうの綺麗だなあ、実際に欲しいな」

「詳しく知りたいし、集めてみたい」

と思ったり。

家族に買ってもらった小さな石の詰め合わせや、

パワーストーンの掴み取りを体験して

手に入れた石を見て

「いろいろな色の石があって綺麗!」

「もっと沢山集めたいな」

なんて思っていたら石に夢中になった。

興味を持つきっかけも様々だと思います。

私の場合、

小さな頃遊園地に連れて行かれた時に

親が売店で、綺麗な石が沢山詰め込まれたボトルを

買ってくれたのが鉱物収集のきっかけでした。

ボトルの中身は、

小さな粒ながらとても充実していて

私は子供心に

「なんだこの透明感あふれる綺麗な物体は・・・」

「これ石?こんな石があるのか・・」

「これはあれだな、こんなに綺麗なら」

「集めるしかねーな!!!!」

と、石集めを決意。

しかし当時はまだ小学生。自分で使えるお金が多いはずもなく、

次第に鉱物収集から離れていきました。

そして現在、社会人になってからというもの・・・

今まで集められなかった鉱物収集に対する思いが

大爆発!!

自らの給料の半分以上を注ぎ込んで

怒涛の勢いで鉱物収集にのめり込んでいき・・・

ミネラルショーやネットオークションを駆け巡って

たった1年間で143種類もの鉱物を集めるまでに至りました;

たくさんの色とりどりな鉱物に囲まれるようになってからは

「もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!」

と考え、一念発起

私と同じく鉱物に魅力を感じて、鉱物収集を始めたよ、という人の為に

鉱物の管理法や、役立つ商品の情報など

鉱物収集の手助けがしたいと思い、このブログを立ち上げました

そんな私、アキモトのプロフィールはこちらになります。