鉱物で天然だけが最高なんて偏見は持たないで!人工鉱物にも、とても深い魅力があるんだから!

こんにちは、アキモトです。

 

この記事では、

人工鉱物は人の憧れと技術が作り出した

魅力溢れる努力の結晶だった!

というお話をしていきます。

 

皆さんは、お店に鉱物を買いにきて

とてもきれいな石を見つけたけど、

人工石だったことに気づいてがっかり・・・

なんて経験ありませんか?

 

「人工的に作った石なんて、

格安ダイヤモンドの偽物とか

沢山あるし安っぽい」

 

「作り物より

天然の鉱物が最高!」

って考える人も多く、

 

あまり人工石に良い印象を

もっていない人も多いと思います。

 

でも、じつは人工石って

とてもとても魅力的だったんですよ。

 

今回は、人工石はただの模造品じゃない!

人の技術と情熱が合わさってできた、

とても魅力的な結晶だった、という話をします。

 

自分の認識が変わるかもしれませんよ

 

人工石って結局作り物でしょ?やっぱ天然が最高だろなんて思っていた

その日の仕事も終わり、

ゆったりとネットサーフィンをしていた時の事。

 

私はいつもの天然石の原石ではなく、

宝飾用にカットされた石(ルース)を探して

ネットの天然石ショップを見て回っていました。

 

元々原石よりルースから、

鉱物収集の世界に入っていた私は

その天然石ショップのページに並ぶルースをみて

懐かしい気持ちになっていました。

 

「あー、やっぱりカットされた石もいいなあ・・・」

 

「原石の自然の造詣の美しさも本当大好きだけど、

昔はこのルースからだったもんね、

クリアで規則正しく輝きを放つ姿がたまんない。」

 

暫くページを閲覧していると、

好みの石のルースがありました。

 

エメラルドの大粒のルースで、

お値段も、周りが5万とか10万とかいっている中

破格の2万円。

 

「こーれは買うしかないだろぉ・・・!」

とポチって購入しようとして詳細欄をみてみると

人工エメラルドとの説明が。

 

「おい、これ人工かよ、どうりで安いわけだよー」

「やめたやめたー!

私、初エメラルドは天然ってきめてるんだ!」

 

結局購入は止めて、

その日はずーっとルースを眺めていましたが、

 

品質が良く安いものは、もうほとんど人工石で

私が求めているような

天然できれいなルースは当然高いものだらけでした。

 

「もうね、人工石しかないのか・・・・」

「綺麗な天然のはないのかなー?」

 

「つくりもんじゃなくて、天然のやつがほしいのにさー」

 

「どれもこれも人工石ばっかり。」

「なんだよ、どこ見ても綺麗で安いのは人工石か?」

 

「にしたって、やたらめったら

透明度も色合いも良いよな、人工のは・・・・」

 

「天然じゃないから調節して高品質のが作れるんだろうし」

「管理して作った結晶だから

内包物やひび割れなんてないんだろうな」

 

「そういえば、さっきみたエメラルドもほかのルースも。

人工石だってこと抜きに見たら凄い綺麗だったよなあ・・・・」

 

「もしかして、人工石を作り物呼ばわりしてんのって、

凄くもったいない偏見なんじゃないか?・・・」

 

「ああもう、綺麗に出来てるなあ

さっきのエメラルド、人工でもいいから

買っとくんだった!」

 

「普段人工石なんか見ないのに、

気になってしょうがない・・・」

 

などと、ぶつぶつ言いながら、

ウェブ上に綺麗に写った人工石のルースを見ていると

だんだんある事を思い始めました。

 

「まてよ・・・、人工石なんて

こんな時でもなきゃ注目しなかったよな」

 

「いつも人工品だ加工品だとか

理由つけて見て来なかったけど

いったいどんな人工石があるんだろう」

 

「人が作った鉱物。気になってきちゃったぞ。おい

 

そうして、その天然石ショップのサイトを始め、

人工石を扱っているお店のサイトを

片っ端から見て回ってみました。

 

天然の鉱物をそっくりそのまま

再現して作り出したものや、

 

海外の研究所で作られている

天然とは毛色の違う、

見たことも聞いたこともない人工石を沢山見ました。

 

しばらく見回ってきて、ふとある一つの人工石が目に留まりました。

「なんだこりゃ、かなり独特のマーブル模様してる・・・・・」

 

「えっ!?人工石?これが!?

 透明な結晶以外も作れるんだ!」

「こんなまばらな模様になる石、

ガラスで作られた模造品ぐらいしかしらないよ」

 

「しかもすごい値段が高い!!これ下手な天然石ルースより高いぞ・・・!」

「なんて名前なんだろう、どれどれ・・・・」

 

幻の人工石ビクトリアストーンとの出合い。あまりの美しさにこれが人工物!?と驚愕した。

人工石の名前はイイモリストーン。

澄んだ水色をし、まるで静かに力強く流れる

清流のような躍動感・清涼感のある美しいマーブル模様をしていて

ビクトリア・ストーンとも呼ばれ

かつて日本の科学者

飯盛里安(いいもりさとやす)という人が開発した、

幻の人工石でした。

 

聞けばこのビクトリアストーン、

この美しい見た目をしているにもかかわらず

これを開発した頃、

国内ではあまり評価されなかったようで、

 

これは人の作った、

人工物だから天然物じゃないからと、

 

日本では全くといっていいほど

受け入れられず、

代わりに海外で高く評価されて、

たくさん輸出されていました。

 

そのせいか、

日本でのビクトリアストーンの在庫は少なく

海外から逆輸入するような形でもってしか

手に入りませんし、

 

ビクトリアストーンを作っていた飯盛さん

レシピを公開せずにこの世を去ってしまった為、

新しく作る事もできません。

 

そう、ビクトリアストーンは

私がさっきまでしていた

人工石に対する反応と同じように

 

かつての日本国内のコレクターの偏見によって、

絶版してしまったのでした。

作られる時間は天然物より短いけど、そのぶん技術と情熱がかかっている!

私は、そんな悲しい過去を持つ人工石

ビクトリアストーンの事を知り、

今までの人工石に対する見方を改めました。

 

「なんで人工的に作った鉱物だからって

安くみていたんだろう。」

 

「人の手で作られたから嫌だーとか。

偽物、安物だとか思っていた・・・

私がしていたのは

偏見もいいところじゃないか!」

 

「このネットに並んでいる

人工石のルース達は、

嘗ての技術者の自らの手で宝石を再現したい

という気持ちから生まれたんだな・・・」

 

「全ては長い時間をかけて

試行錯誤を繰り返して、

やっと作れたものなんだ。」

 

「なのに私も、

ほかの一部コレクターも、

人工石だからって偏見をもって敬遠して

天然石ばっかりにこだわって、

ひどいときは見向きもしない。」

 

「こいつらは人の技術と情熱でできてる

りっぱな宝石じゃないか!!」

 

人工石作成の中には、技術者の並々ならぬ努力と情熱があった

 

「人工石にも、

こんなに魅力やロマンがあるなんて

なんで気がつかなかったんだ!!」

 

「偏見していた私よ」

「目を覚ませバカヤロウ!!」

 

ビクトリアストーンや人工石に出会い、

人工石について詳しく知った私は

 

人工石だから天然より劣ってるとか、

けっきょくただの作り物だとか

 

自分がとても酷い偏見を

もっていることに気づけました。

 

「鉱物は全てが魅力的で、

ロマンが溢れるものなんだ。

そこに天然も人工もない!」

 

「全てが愛しい鉱物なんだ!」と。

 

人工石はただの作り物じゃない、

造った人の知識と情熱が生み出した

人の努力の結晶だったんです。

 

これを読んでいる貴方も、

過去の私のように偏見をもって、

人工石をみていたのなら・・・・

 

一度、人工石を手元に置き、

作った人や、作られるまでの歴史に

思いをはせてはいかがでしょうか。

 

貴方の偏見を覚ますような、

人の、鉱物をこの手で再現する事への憧れ

情熱とロマンを感じることができるはずです。

 

なぜなら、人工石も立派な鉱物だからですよ。

--------------------------------------------------------------------------



鉱物収集って最高に楽しい宝探しだ!

地球に散らばる天然の美術品、鉱物。

貴方は何がきっかけで、鉱物に興味持ちましたか?


ゲーム・漫画に出てくる重要アイテムだったり、

母親など身近な人がつけているアクセサリーだったり。


興味を持つきっかけも様々だと思います。


私も幼少期の親からのプレゼントがきっかけで

社会人になってから鉱物に夢中になって


たった1年間で143種類もの鉱物を集めました;

しかし、その一年間のうちに思ったのです。


鉱物収集って趣味は、

何かと一人でする事が多くて

友達とも話題を共有しづらいし


話が会う人を探すのも難しい

おまけに一人だから鉱物に関する知識も

手探りで手に入れるしかない。


これじゃあ、せっかく興味を持ってくれた人の中にも

長続きしない人がでるよなって。


じゃあ、もし私が鉱物に興味を持ってくれた人をサポートできれば、

もっと鉱物収集の趣味も増えてくれるんじゃないか?

「そうだ、もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!鉱物収集の手助けをしたい!」

そう考え、一念発起し


私と同じく鉱物に魅力を感じた

綺麗な鉱物を始めたい!

鉱物の世界にどっぷりと浸かりたい!という人の為

鉱物収集の手助けがしたいと思い、このブログを立ち上げ

中々知る機会のない鉱物の管理法や、鉱物収集に役立つお得な情報などを発信しています!

そんな私、アキモトのプロフィールはこちらになります。