欲しい鉱物があるなら思い切って買っちゃおう、だって後で買える保障は無いもの。

こんにちは、アキモトです。

 

この記事では私の鉱物収集における教訓として

欲しい鉱物があるなら思い切って買っちゃったほうがお得

というお話をしていこうと思います。

 

鉱物収集をしている中で一度や二度ぐらい、

欲しいけど予算的にちょっと手が届きにくい、

自分好みの素敵な鉱物との出会ってしまうって事あると思います。

 

でも、ミネラルショーなどのイベントや旅行先の鉱物専門店で

 

やっべ、この石好きだ!!超欲しい!!

 

って鉱物に強く一目ぼれしてしまったなら、

所持金が芳しくなく、

手は届くんだけど予算的にキツい時でも、

 

もう即刻、その鉱物を購入しましょう。

 

なぜなら、次にその鉱物と出会える保障なんか

どこにも無いからです。

 

しかし、「いや、もっと良い鉱物あるかもしれないし」

「ここで買っちゃうのも勿体無いから、見て回ってから考える。」

そういう考え方もあるでしょう。

 

私も元々、ミネラルショーなどのイベントで

ほしい鉱物標本が早々に見つかっても

先にいろいろ鉱物標本を見て回る派なので、

その気持ちも良くわかります。

 

しかし鉱物収集の場合、

この考えがかえって自分の精神的な部分も、

お金事情にも悪い影響を与えてしまうのです。

 

というのも

 

「まぁまさか、買われはしないだろうから一旦様子を見よう。」

「つぎあった時に絶対に買ってやる。絶対にだ!」

という感じでほしい鉱物を我慢することになって・・・・

 

やっとお金もできたし、いざ買おうと思っていたら

貴方の欲しい鉱物は、先にほかの人に買われてしまった!

先を越されてしまった。

 

鉱物収集の活動をしていくと、

必ずといって良いほどこういう局面がでてくるからです。

 

お取り置きサービスなどの一部例外を除いて

「欲しいけど今は予算の都合も悪いし、また後で買えばいいや」

と判断しても、後でその鉱物標本と出会える保障なんてないのです。

 

欲しい鉱物が買えなかったとなると、

人によってはその鉱物に無意識に執着することになり、

買えなかったことによる穴を埋めるように

余計に鉱物で予算を使ってしまいます。

 

そう、

欲しい鉱物は予算的に無理でもない限り

我慢せず買ったほうが、

結果的に精神衛生上も、お財布にもいいからお得なんです。

 

私自身も過去、

欲しいけど少し高いからとケチって購入を後回しに結果

欲しかった鉱物が買えずじまいで先を越された事があって、

前述のように散財してしまった事があります。

 

それは・・・

鉱物との出会いは基本的に一期一会。もう一度会えるなんて保証は無い。

2017年、初夏に差し掛かった蒸し暑いある日の事でした。

 

私はよく一緒に遊びに行く仲の良い友達と共に1日休暇をとり、

期待と興奮を胸いっぱいに抱きながら

ミネラルショーという鉱物の即売会への予定を立てていました。

 

この後、狙ってた鉱物を買いそびれるという

悲劇が起きるとは知らずに。

 

予定を立て、準備万全でミネラルショー当日。

照りつける太陽の下、意気揚々とミネラルショーの会場へ向かい、

各ブースを見て回ることにしました。

 

「今回も、たくさん鉱物買って、自慢のコレクションケースに飾ったり

 Twitterに写真上げて友達にも見せてやろ~。」

 

「ブース内の商品のお値段をみて、予算と相談して

 お買い得なブースを友達と手分けしてリサーチ」

 

「予算内で欲しい物やお買い得品を狙って

 効率の良い買い物を楽しむ」

 

「うん、計画は完璧だな。」

 

自分の立てた計画に従い、まずは欲しい鉱物があっても、

即決購入はせずに我慢してどこのブースの業者が安く、

どこにどんな鉱物が売られているかを見ていきました。

 

そんな中、私はあるブースで

一つの鉱物標本が目に留まりました。

「なんだこの赤い結晶」

「結晶の色合いも強いし、透明度も高い。表面の照りも良い・・」

 

「めっちゃパーフェクトな結晶・・・私好みな奴じゃん。」

 

私はそんな事を思いつつ、側面の値段を確認しました。

すると、2万円という文字が見えたので、

 

「お値段2万かー・・・・現在の費用も考えると

いきなりこれを買うのはキッツい。」

 

と、散々ブース前で悩んだ末、

 

「ここでいきなし決めず、もっと良いのもあるだろうし」

 

「また後で買おう」

と、その時は購入を後回しにしました。

 

会場は建物1階の数フロアを使ったものだったので、

それほど回るのに苦労はしませんでしたが・・・・

ミネラルショーでの悲劇・・・お金を出し渋って大後悔!

色とりどりの美しい鉱物標本を眺めながら、会場全体の値段が把握できたあたりで、

よし。さっきの赤い結晶の鉱物を買おうとブースに再び向かうと・・・

 

「えっ、無いんだけども。」

「あの赤くて透明な2万するの、無いんだけども。」

「ももももしかしたら、売れないからしまっちゃったのかな。」

 

と、少し動揺しつつ、近くにいたブースの人に聞いてみる事に

 

「あのぅ、ここに並んでた2万の赤い奴って、アレですよね、うれちゃいました?・・;」

 

語彙力の無い私の質問に対して、

ブースの人は陽気な笑い顔をしつつ

 

店「あ~、あれねー!ごっめん さっき売れちゃったよー!」

店「きれいな結晶だったんだけどねえ!」

 

「そ、そんな!まじか、まじか」

「うっわマジか・・・・・先越された!!」

 

そう、私は後で買えば良いと判断してしまったがために

狙っていた標本を先に買われてしまったんです。

 

「まさか先を越されるとは・・・・」

私は酷く後悔し・・・、

 

「欲しい鉱物なんだからあの時、無理をしてでも買っていればよかった。」

「あの時、お金はあったんだから買っていれば、こんなことにはならなかった。」

 

そんな後悔の気持ちは強くなっていき・・・・

その後も私はミネラルショーの会場を回っていましたが、

買わなかった事による後悔の気持ちをからか

 

「今買わないと、今買わないと後で絶対買えなくなる!!」

「あれもこれも、全部買わないと!」

 

と他ブースで鉱物標本を片っ端から購入し始めたり、

同じような鉱物標本がないかと

いろいろなブースをまるでゾンビのように彷徨う始末。

 

そのせいで当初のミネラルショーの予算額の約2倍のお金をそこで消費し・・・

その月の生活は親に助けを求めざる終えなくなるほど困難を極めてしまいました;

 

そう、やけ食いならぬ、やけ買い。

 

お買い得なミネラルショーブースをリサーチし、

予算内で欲しい物やお買い得品を狙って効率の良い買い物を楽しむという私の考えは

 

欲しかった鉱物を先に買われてしまった事、

自分が買っていればこんな事にはならなかったという後悔から

私はその気持ちをまぎらわすために大量に鉱物を買ってしまい・・・・。

 

完全に裏目に出てしまいました。

 

そう、自分が欲しいと思った鉱物を

「今はまだ良いや」と後回しにしていると

私のように後悔するだけでなく、お金をさらに余計に使ってしまうのです。

 

私の後悔から、これから収集活動を始める・続ける人たちへこれだけは言いたい。

以上の私の過去経験から、

好きだと思った鉱物は予算の許す限り早めに購入したほうが

結果的に好きな鉱物も手に入るしお金も余計にかかることもなくて良いですよ

という話をさせていただきました。

 

鉱物収集をする上で欲しかったけど値段が高く

買わないで後回しにしてたら、先を越されたなんて、

誰もが通る道ではありますが・・・・

 

そうなるぐらいなら、先にその欲しい鉱物を

買ってしまったほうがいいんです。

 

ほしいと思って買って、後で後悔してしまうこともありますが、

買わないで後悔して散財するよりは

遥かに精神衛生上・経済上良いのです。

 

それに、我慢するほど欲しい鉱物を手に入れる事は

鉱物収集において、何物にも変え難い最高の瞬間です。

 

我慢しない事で収集趣味だけじゃなく

毎日の生活モチベーションも上がるし、

 

我慢せずに購入したその憧れの鉱物は、

貴方にとっての一生の宝物にもなりますから。

 

みなさんも、

欲しい鉱物は見つけても後回しせず購入して、

後悔のない鉱物収集ライフを楽しんでくださいね。

 

アキモトでした。

--------------------------------------------------------------------------

 

 

鉱物集めは一生続けられる最高に楽しい宝探しでした。

地球に散らばる天然の美術品、鉱物。

貴方は何がきっかけで、鉱物に興味持ちましたか?

アニメやゲームの

重要アイテムとして出た綺麗な石を見て、

「こういうの綺麗だなあ、実際に欲しいな」

「詳しく知りたいし、集めてみたい」

と思ったり。

家族に買ってもらった小さな石の詰め合わせや、

パワーストーンの掴み取りを体験して

手に入れた石を見て

「いろいろな色の石があって綺麗!」

「もっと沢山集めたいな」

なんて思っていたら石に夢中になった。

興味を持つきっかけも様々だと思います。

私の場合、

小さな頃遊園地に連れて行かれた時に

親が売店で、綺麗な石が沢山詰め込まれたボトルを

買ってくれたのが鉱物収集のきっかけでした。

ボトルの中身は、

小さな粒ながらとても充実していて

私は子供心に

「なんだこの透明感あふれる綺麗な物体は・・・」

「これ石?こんな石があるのか・・」

「これはあれだな、こんなに綺麗なら」

「集めるしかねーな!!!!」

と、石集めを決意。

しかし当時はまだ小学生。自分で使えるお金が多いはずもなく、

次第に鉱物収集から離れていきました。

そして現在、社会人になってからというもの・・・

今まで集められなかった鉱物収集に対する思いが

大爆発!!

自らの給料の半分以上を注ぎ込んで

怒涛の勢いで鉱物収集にのめり込んでいき・・・

ミネラルショーやネットオークションを駆け巡って

たった1年間で143種類もの鉱物を集めるまでに至りました;

たくさんの色とりどりな鉱物に囲まれるようになってからは

「もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!」

と考え、一念発起

私と同じく鉱物に魅力を感じて、鉱物収集を始めたよ、という人の為に

鉱物の管理法や、役立つ商品の情報など

鉱物収集の手助けがしたいと思い、このブログを立ち上げました

そんな私、アキモトのプロフィールはこちらになります。