鉱物標本を手放す時は天然石ショップやアマチュアコレクターイベントを利用しよう。石を通じて人と知り合えるしお金も増える!

こんにちは、アキモトです。

今回は鉱物を手放す時に覚えておきたい事

を紹介していきます。

 

鉱物を集めて、

ある程度数が増えてくると

最初のころに買った鉱物で

 

「もう、この石は良いかな。

今はこいつより良いのあるし・・・」

「手放そうかな。」

ってなる鉱物、ありますよね。

 

それで、実際手放すとなったら

どうやって手放します?

 

友達にあげたり、

リサイクルショップへ持っていったり、

質屋にもっていったりなど。

いろいろな方法が浮かんでくるかと思います。

 

でも、実際リサイクルショップや質屋で

取り扱ってくれるところは少ないです。

 

今回は、鉱物を手放す時に利用しておきたいサービスと、

知っておきたい事を解説していきます。

 

もし初期に手に入れた鉱物を手放そうかなと考えている人は、

参考までにぜひ最後まで読んでいただけたらと思います!

鉱物を手放す時は鉱物標本と、最低でもその鉱物標本のラベルを用意すべし!

好物標本を手放す時に注意したいのが、

標本本体とラベル。

あとその標本が傷つかないように守ってくれる

クッション入りのケースなどです。

 

こちらの記事でも言っているとおり

鉱物標本は鉱物とラベルがあって始めて鉱物標本になる。コレクターなら大事に保管!捨てるなんて言語道断!

ラベルがなくなると鉱物標本として成立しませんし

ラベルに書かれた鉱物名や産地、採集日を含めて、

初めて鉱物標本としての学術価値が出ます。

 

だから、最初から

鉱物の産地のかかれたラベルが無かったり、

途中で紛失してしまって、

見当たらないし産地も分からない

なんて事にでもならない限り、

 

必ずラベルと鉱物標本はセットにしておきましょう!

 

もしラベルがないけど、

産地や鉱物名、採取日を知っているというなら、

間に合わせでもいいから適当な紙に書いて

一緒において置くのがベストです。

鉱物を手放す時に注意しておきたい事!リサイクルショップや質屋では鉱物標本は取り扱ってくれない!?

リサイクルショップは、

色々な中古品を引き取ってくれますが、

鉱物標本に関しては話は別です。

 

大きな鉱物標本は置物として取り扱ってくれますが、

標本のラベルを残してくれるか分かりませんし

小型の標本は殆ど取り扱ってくれません。

 

ほとんどのリサイクルショップが

そういった感じで鉱物標本を扱うので

手放す際に最寄のリサイクルショップでも行こう

というのはお勧めできません。

 

ただ、当然ながら

アクセサリーに加工されているものなら

リサイクルショップでも買い取ってくれます。

天然石ショップで引き取ってくれる店舗もいくつかある。しっかり鑑定して引き取ってくれる場所を選ぶのがベスト

鉱物標本を手放す際、

天然石ショップの一部では、

買取を行っている店舗もあるのでおすすめです。

 

多くの場合ショップの店主は、

鉱物の価値が分かり、適正な価格をつけてくれるので

買い取り価格の意味でも前述のリサイクルショップよりお得ですし、

 

買い取ってもらったお金を使って、

そのお店でそのまま他の鉱物の購入も行えます。

 

ただ、どの店舗でも必ず買い取りが

行われている訳ではないので

 

買取も行っているかどうか

最初にネットで調べるか、

調べずに来たなら店主に聞いておくと良いでしょう。

 

鉱物収集家のアマチュアイベントを利用して、自分で販売してみるのも良い。お客さんとも仲良くなって、友達のようにつながれるかも?

数ヶ月に一度、国内のどこかでやる

ミネラルショーのアマチュア参加や、

アマチュア中心のイベントを利用して

鉱物の放出を行うというのもありです。

 

鉱物販売を利用すれば、

同じ鉱物収集家と会話を楽しみながら

同じ収集家同士の楽しい出会いもありますし、

 

ネットには出回らない情報を

もっている人もたまーに居て

お得な情報収集もゲットできるチャンスです。

ネットオークションや、メルカリ、ミンネなどを使用して販売する。ただ、変なお客さんも居るので注意!

ネットオークションやネットでの販売委託は、

今回紹介した中でもとくに手軽に行えます。

 

家に居ながら鉱物の放出販売ができ、

あるのはだいたい梱包などの手間ぐらいなものです。

 

しかし、

極稀にではありますが、

 

お客さんの中には少々

へんな交渉をしてくる人や、

あらぬクレームをしてくる人も多いので・・・、

そういった人が居るだろうと

覚悟する必要があります。

 

最後に

ここまで、

リサイクルショップはあまり引き取ってくれない

天然石ショップは適正価格で買ってくれる事が多くてお得

 

アマチュアイベントで自分で放出販売して

友達を増やしたりするのもあり!

 

ネットオークションはお手軽だけど、

面倒な人を相手にしなきゃいけない所があるなど

不要になった鉱物を手放す手段を紹介しました。

 

ただ、ここで紹介した他にも、

友達にあげたりアクセサリーに加工したりと

不要になった鉱物を利用する方法は沢山あります。

 

でも、

収集家から収集家へ、

鉱物標本をバトンのように

手渡していけるような方法が、

鉱物標本にとっても

我々収集家にとっても、

ベストだと思います。

--------------------------------------------------------------------------


私の人生は鉱物の美しい結晶たちによって楽しく生き甲斐のある物に変わりました。

地球に散らばる天然の美術品、鉱物。
貴方は何がきっかけで、鉱物に興味持ちましたか?

ゲーム・漫画に出てくる重要アイテムだったり、
母親など身近な人がつけているアクセサリーだったり。
興味を持つきっかけも様々だと思います。

私も幼少期の親からのプレゼントがきっかけで
社会人になってから鉱物に夢中になって
たった1年間で143種類もの鉱物を集めました;

しかし、その一年間のうちに思ったのです。

鉱物収集って趣味は、
同じ趣味で話が会う人を探すのも難しい

おまけに一人だから鉱物に関する知識も
手探りで手に入れるしかないから
間違った情報も入ってくる。

これじゃあ、せっかく興味を持ってくれた人の中にも
長続きしない人がでるよなって。

じゃあ、もし私が鉱物に興味を持ってくれた人をサポートできれば、
もっと鉱物収集をする人が増えて、
鉱物収集という趣味が活性化するんじゃないか?
いろいろな人と鉱物の面白さを分かち合えるんじゃないか?


「そうだ、もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!」
「この一生続けられる鉱物収集の手助けをしたい!」


そう考え、一念発起してこのブログを立ち上げました。
中々知る機会のない鉱物の管理法や、
鉱物収集に役立つお得な情報などを発信しています!
そんな私、アキモトが鉱物収集で得た経験はこちらで紹介しています。