蛍光鉱物はまるで魔法。フォトルミネッセンスという現象によって色鮮やかに蛍光する鉱物達

こんにちは、アキモトです。

 

この記事では蛍光鉱物が光るメカニズムを

解説していきます。

 

ブラックライトまたは太陽光など

紫外線にさらされることで

光る性質を持つ鉱物を

蛍光鉱物と言います。

 

蛍光鉱物といえば

 

蛍石(Fluorite フローライト)の魅力を大解説!世界一カラフルな鉱物とも言われる、水晶に並ぶ鉱物のビッグネームは本当に多種多様

 

こちらの記事で紹介した、

蛍石が代表的ですね。

 

でも、なんで蛍光するのって言われると、

なかなか説明しづらいですよね。

というか、分かんないと思います。

 

魔法?それとも熱で?

光の反射とも少し違いますよね。

 

今回は蛍光鉱物がどのようにして光るのかを

わかりやすく説明していきます。

 

鉱物の蛍光の仕組みは、フォトルミネセンスと呼ばれる現象。

蛍光鉱物の蛍光は、

フォトルミネセンスといって

 

X線・可視光線・紫外線を物質に照射すると、

 

そのエネルギーを物質が吸収し、

エネルギーが入った状態から

元の状態に戻る際に、

 

エネルギーを電磁波として放出する事で

蛍光する現象を言います。

 

蛍光色にも色々な種類があり、

緑や青だけでなく、

赤・オレンジ・イエロー・ピンクなど

さまざまな色に蛍光をします。

 

なお、鉱物の蛍光を観察するには、

ブラックライトを購入すると良いでしょう。

 

ただし、蛍光鉱物の成分や

ライトの短波・長波などの

組み合わせによっては

 

ある鉱物は僅かにしか反応せず、

またある鉱物は

かなり強い反応を示すなど、

かなりまちまちです。

 

その蛍光鉱物に合ったライトは何なのか調べるか、

または短波と長波両方の機能をもったライトを

買ってしまいましょう。

 

次からは、鉱物が蛍光するの理由について解説します。

蛍光鉱物が蛍光する理由は、その成分にある。

蛍光鉱物が蛍光する理由は、

その鉱物に含まれる成分が深くかかわっています。

 

その成分とは、鉱物の中に存在する

希土類金属や塩・硫酸塩などの不純物で、

 

純粋な結晶であれば

本来蛍光しない鉱物が

この成分により様々な色に蛍光します。

 

成分によって蛍光色も様々であり、

これから紹介する鉱物も

それぞれ異なった色で蛍光するものです。

蛍光鉱物一覧。鮮やかに輝くカラフルな結晶たち

次の欄から、主に有名な蛍光鉱物を

紹介していきます。

 

一部、地味な印象を覚えるものもありますが、

蛍光した際の美しさはどの鉱物もすばらしい物です。

 

もし集められたなら、

それぞれ手にとって

蛍光する様子を観察してみましょう。

 

まるで魔法のアイテムのように

ぼんやりと不思議に輝く鉱物たちの

虜になるかもしれませんよ。

蛍石(フローライト)蛍光鉱物の代名詞。強く蛍光する結晶もあり、中には太陽光でも青く輝く物も


photo by Géry Parent


photo by James St. John

蛍石はとてもメジャーな

ハロゲン化鉱物の一種です。

 

全ての蛍石が蛍光するわけではありませんが、

一部の、ロジャリー鉱山やダイアナマリア鉱山の緑色蛍石は

その名のとおり

とても美しい青色に蛍光する性質を持っています。

 

水砒亜鉛鉱(アダマイト)優しいクリーム色をした結晶。


photo by Randolph Black

砒酸塩鉱物の一種で、

名前の由来は、

フランスの鉱物学者

ジルベール・アダムからきています。

 

明るいクリーム色をした結晶が蛍光し、

一応ほかにも色違いの結晶はありますが

蛍光はしません。

 

蛍光色は、結晶がそのまま光ったような黄色ですが、

熱を加えられると蛍光する性質を失ってしまいます。

方解石(カルサイト)建材では大理石、鉱石資源としては石灰石と妙に多く名前を持つ鉱物。

 

身近にある鉱物、方解石(カルサイト) 結晶の形も色も様々で、優しい色合いが特徴のメジャー鉱物。

こちらの記事でも触れていますが、

 

カルサイトは炭酸塩鉱物の一種で、

アクセサリー、収集用、建材、鉱石資源と

様々な分野で活躍している

ある意味大人気鉱物です。

 

このカルサイトも一部のタイプは蛍光性を持ち、

赤紫をはじめとした様々な色に蛍光します。

ベニトアイト 青く輝く希少鉱物で、宝石としても扱われる。


photo by Géry Parent

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンベニト郡で発見された

独特の結晶の形をした美しく青い希少鉱物です。

 

青色に蛍光しモース硬度が6と高く、

ダイヤモンドのような光沢を放つ為

宝石としてカットされていましたが、

 

宝石質の大きくカットに適した結晶は

ほぼ絶産してしまいました。

 

おかげで現在手に入れるのはすごぶる難しいですが、

もしこのベニトアイトを手に入れるのなら、

色合いや透明度はこだわって選びたいですね。

まとめ

今回は蛍光鉱物について解説してまいりました。

 

蛍光鉱物は、

希土類金属や塩・硫酸塩などの不純物によって蛍光し、

短波・長波によって蛍光の反応が異なり

蛍光する際の色も様々だ

ということがわかったかと思います。

 

ここで紹介したほかにも、

 

たとえば、短波・長波によって

蛍光色を変化させる鉱物もあれば、

 

蛍光するだけではなく、

元々の色も変化する鉱物など

蛍光鉱物にも様々な面白い性質を持つ鉱物があります。

 

不思議な輝きを放つ蛍光鉱物、

これを見ているあなたも是非、

集めて楽しんでみてくださいね!

--------------------------------------------------------------------------


私の人生は鉱物の美しい結晶たちによって楽しく生き甲斐のある物に変わりました。

地球に散らばる天然の美術品、鉱物。
貴方は何がきっかけで、鉱物に興味持ちましたか?

ゲーム・漫画に出てくる重要アイテムだったり、
母親など身近な人がつけているアクセサリーだったり。
興味を持つきっかけも様々だと思います。

私も幼少期の親からのプレゼントがきっかけで
社会人になってから鉱物に夢中になって
たった1年間で143種類もの鉱物を集めました;

しかし、その一年間のうちに思ったのです。

鉱物収集って趣味は、
同じ趣味で話が会う人を探すのも難しい

おまけに一人だから鉱物に関する知識も
手探りで手に入れるしかないから
間違った情報も入ってくる。

これじゃあ、せっかく興味を持ってくれた人の中にも
長続きしない人がでるよなって。

じゃあ、もし私が鉱物に興味を持ってくれた人をサポートできれば、
もっと鉱物収集をする人が増えて、
鉱物収集という趣味が活性化するんじゃないか?
いろいろな人と鉱物の面白さを分かち合えるんじゃないか?


「そうだ、もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!」
「この一生続けられる鉱物収集の手助けをしたい!」


そう考え、一念発起してこのブログを立ち上げました。
中々知る機会のない鉱物の管理法や、
鉱物収集に役立つお得な情報などを発信しています!
そんな私、アキモトが鉱物収集で得た経験はこちらで紹介しています。