鉱物収集を10倍楽しむ方法、欲しい天然石や宝石を手早くコレクションする為の秘訣とは?

こんにちは、アキモトです。

今回はこれから鉱物収集に興味を持って始めようという方へ

鉱物収集を10倍楽しむ方法をご紹介します!

 

鉱物収集を10倍楽しむ方法、

それは、人との繋がりを持つことです。

 

鉱物収集と言うと

家に飾るインテリアとして

気に入ったものを数点集める人や、

 

アクセサリーやジュエリーの素材として、

はたまた好奇心や知識欲求を満たす為など

楽しみ方も、十人十色でしょう。

 

でも、

どうしてもほしい鉱物が見つからない!

鉱物の魅力を分かち合える人が回りにいない!

そういう状況に陥ってしまいます。

 

そんな時、

仲の良い鉱物収集仲間がいれば

欲しい鉱物同士を交換したり、

鉱物を話題に何時までだって話してられますし、

 

ミネラルショーなどのイベントだって、

一人で寂しく向かう事だってなくなります。

 

自分のコレクションの

価値を認めてくれる人が回りに居るだけで、

そりゃもう収集が楽しくて堪らなくなりますよ。

 

今回の記事では、貴方と同じ

鉱物収集が趣味の人との繋がる方法を、

私の体験談を交えながら解説していきます。

 

最後まで読んでいけば

お得に自分の欲しい鉱物を集められて、

 

自分と同じ趣味の人との繋がりも出来て

今まで以上に鉱物収集が

楽しくなることでしょう。

 

鉱物標本専門店の店主や、バイヤーなど業者さんと仲良くなる事は、鉱物収集をする上での近道!

鉱物標本を取り扱っているお店や

ネットショップの店主。

 

こういった業者さんと仲良くなる事は

鉱物収集において

とても大きなメリットがあります。

 

たとえば私の場合・・・・

 

私はその当時、ボレオアイトという

希少鉱物への憧れをもっていました。

 

小さく正方形の青いキューブ状の結晶として産出する鉱物で

希少性が高く出回る数も少ない鉱物でもあって、

 

ネットで探せど綺麗なキューブ状の結晶は見つからずじまい、

あっても売り切れ。

 

ほしい鉱物が探しても手に入らない・・・そのせいで

余計にそのボレオアイトに想いが募るばかりでした。

 

しかし、その事をいつも通っている

お店の店主に相談してみると・・・

探してみてくれるというので待ってみることにしました。

 

もし見つかったらいいなぁ、

程度の淡い期待だったのですが・・・・

 

1ヵ月後、店主から連絡が入りお店にきてみると

初めての実物の希少鉱物ボレオアイトがそこにはありました。

 

感激で店主に何度も感謝して、

ちょっと引かれちゃいましたが無事購入。

 

憧れのボレオアイトを手に入れることができたのです。

 

また、その他にも鉱物の市場についても知っているから

ちょっと問題のある鉱物が市場に出回っているときに

 

「○○って名称の石は、

実際はかなり安価な××って石だから、だまされちゃだめだよ」

って教えてくれた事もあります。

 

鶏冠石などの管理の難しい鉱物についても

日の光と湿気を避けて保存しないと変色するから、

できるだけ屋内での観察だけにしたほうが良い等

管理のアドバイスもしてくれますし、

 

このように、仲良くなった店主や業者さんは

入手困難なレアストーンを探している時や、

鉱物の市場について知りたい時に

非常に心強い味方となってくれるんです。

 

それに、友達のような感覚で気軽に対応できるお店があると

他愛もない話で盛り上がれたり、鉱物について延々と語り合えたり、

 

この前も営業時間後に他の常連さんも連れて

ちょっとお勧めのレストランにいったり

そこでお酒なんか飲みながらまた鉱物についての話題で盛り上がったりして。

冗談抜きに楽しいですよ!

 

しかし、仲良くなると言っても

具体的に如何すればいいのか分からないですよね;

 

そこで参考までに以下に私の実際の経験から、

お店との良い関係を築く方法

をいくつかご紹介します。

 

お店に通う お店のお得意様になって仲良くなる。

 

お店といい関係を築く方法として、

お店のお得意様になる事は必要不可欠です。

 

やり方は単純明快、

お店に何度も通ってお買い物をする事です。

 

何度も、なんて言いますが自分のペースでかまいませんし

もちろん通うべき店は気に入ったお店じゃないといけません

 

私は月1度のペースでいつものお店に顔を出して

鉱物標本を購入しつつ世間話やら鉱物の話題やらを店主と話しています。

 

初めての入店時は無理に話しかけなくても構いませんが、

挨拶は大事なので必ずしておきましょう。

 

あまり意識せず、店内を自由に眺めて

気になる鉱物の説明を受けたり、

 

その日の天気や気温なんかの世間話も混ぜつつ

質問の際に自分の鉱物に対する思いをさりげなくいれたりすると良いです。

 

できる事なら、そのお店で扱っている鉱物標本をきっかけに

鉱物についての話題を店主に振るのもいいでしょう。

 

私も「○産の水晶って水晶とは思えない見た目してるよね」とか

「そういえば、この鉱物みて思い出したんだけどー」

みたいな感じで切り替えしてみてます;

 

そうして何度も買い物してゆく内に、

お店側にも覚えられてきて

自然と会話も生まれるようになり、

 

だんだんと、お得意様兼お友達のような

お互いにとって良い関係を築ける事でしょう。

 

貴方の求めている鉱物探しをサポートしてくれたり

一緒に鉱物について語りあって楽しく過ごせますよ!

 

鉱物について勉強する。学習方法はインターネットより書籍が一番手っ取り早くて確実

店主や業者さんと仲良くなる前に、

鉱物についての前提知識も必要です。

 

前提知識を手に入れることで、

「お?こいつは鉱物好きなんだな」

という印象を持たせられるだけでなく、

 

知識があることから店主や

業者さんとの鉱物談義がスムーズに進み、

好印象をもたれ易くなるので、鉱物の勉強は必要なんです。

 

そして、鉱物について勉強するなら、書籍が一番です。

 

なぜって、

書籍を購入して覚えて行ったほうが情報量も内容も濃く

出版元も信頼できる物なので、

 

ネット検索で出てくるような

変な情報に引っかかる事がないですし。

 

鉱物の各種解説が初心者にも分かりやすい書籍も多いので

非常にお勧めです。

 

鉱物についての勉強をすると、

同じ鉱物収集家との話題も引き出しが多くなって

会話もずっと楽しいものとなり

 

また、鉱物について一歩つっこんだ知識を持っていると、

鉱物店や鉱物業者さんの関心を得ることができます。

 

それによって・・・・

これは私の体験談になりますが、

 

普段はお店には出さない秘蔵品を見せてくれたり

鉱物を購入した際にオマケをつけてくれたりの他、

割り引いてくれる等のサービスもありました。

 

鉱物についての適切な知識さえあれば値引き交渉も行えて

お得に鉱物を収集する事が可能です。

 

ネットで検索して鉱物について調べる方法などは

始めるのも簡単でお金がかかりませんし

場合によってはしっかりした情報も得られると思います。

 

ただ鉱物を収集するだけでも、

鉱物を集めてゆく過程、鉱物を観察してゆく中で

自然とその鉱物に対する理解ができて勉強できる部分もあります。

 

しかし、ネットを使っての勉強は始め易くはありますが、

中には非常に厄介な嘘や間違った情報、古い情報が載っていたり・・・

間違った情報だと知らずに勉強をつづけてしまうのです。

 

私も、恥ずかしい事に今まで

天然石だと思っていた石がいくつかあって、

過去自身満々に友達に勧めて

 

友達から「適当言ってるやつだ」と思われて

信頼を無くし、関係が悪くなってしまった事があります。

 

今は書籍で正しい知識を得て、信頼を取り戻しましたが

ネットで勉強というのはお金もかかりませんがその分リスクが伴うのです。

 

鉱物をただ収集するだけというのも、

意識しなければただ色が綺麗だなーとかで終わってしまって

肝心な部分はまったく把握してない、なんて事になります。

 

そうなってしまうと・・・

たとえばネットやお店で買った鉱物が

天然なのか人工なのか知らずに購入してしまったり。

 

鉱物の流通名に騙されて、

自分の探している鉱物とは全く違う鉱物を

高値で買ってしまうなんてこともあります。

 

そうなると、なんだか馬鹿をみているみたいで嫌ですよね。

 

私も余り鉱物について知らなかった時は

流通名に騙されて鉱物を買ったり

人工石を天然だと思い込んで買ったり、

世間知らずみたいに思われてしまって嫌でした。

 

それで、私はお勧めされた書籍を読んで

鉱物について勉強する事になったのですが、

 

鉱物について右も左もわからず、未熟だった私でも

かなり詳しく鉱物について把握できるようになりました。

 

私が勉強に使った書籍は、

仲のいいお店の店主から勧められた、この美しい鉱物です。

鉱物の名前、その鉱物の結晶の形から

何に利用されているか、

 

どういう所で取れてどういう主成分なのかとかが

非常に詳しく書かれていて、

非常にわかりやすい書籍でしたので

 

こちらの記事でも紹介しています。

美しい鉱物 鉱物標本、宝石について勉強するならお勧めの一冊。これが有ったから私は鉱物収集を続けられている!

鉱物趣味を持ったともだちのコネでお店を紹介してもらう。

 

既に鉱物を集めている友達が居て、

行きつけのお店があるなら紹介してもらうのもありです。

 

常連の紹介で来たとあれば、

お得意様であるお友達同様

少し特別な特別なサービスを受ける事もあるかも。

 

ちなみに私は、友達に紹介されたお店に行ったら

お友達価格で鉱物買えたり、

コーヒーご馳走してもらったりしました。

 

同じ鉱物趣味の友達が居ない場合、当然この手は使えませんが

後述のSNSやTwitterでそういった方と繋がりを持っていけば、

その過程でお勧めのお店を紹介してもらえるかもしれませんね。

 

同じ鉱物収集が趣味の人とつながりを作る。ネットならTwitterやFaceBook、LINEでも簡単に繋がれる

鉱物収集の趣味に限らず、同じ趣味を持っている人というのは沢山居ます。

そういった同じ趣味の人と繋がり、

友達となっていくのもまた楽しいですよ

 

TwitterやFaceBookなどの

SNSで同じ趣味を持つ人と繋がって、

Skypeなどのコミュニティに入ったりなどして

 

自慢の鉱物の見せ合いや、欲しい鉱物同士の交換、譲渡売買まで

いろいろな楽しみ方があります。

 

ここではそんなコミュニティの探し方を紹介します。

 

Twitterで繋がる。一番簡単だし、身近だし。ここから入って鉱物収集の友達を探すのはオススメ

 

Twitterで鉱物収集趣味の人や、アクセサリー作りを行っている人

ネット販売をしている人と知り合い、繋がりを持てます。

 

私の場合の話になりますが、

Twitterの検索で、鉱物 とか、宝石とかで調べると

鉱物の写真を撮ってる人が結構いるんですよ。

 

その中で、すごい綺麗な鉱物の写真を上げてる人が居て、いいねしたり

コメントやリツイートをして反応してみました。

すると、

 

自慢の鉱物の写真を褒められるって

コレクターとしてはすごく嬉しいからか

相互フォローまでもってゆくことができました。

 

Twitterはそれぐらい人と繋がるのが簡単で、

しかも気が合う人を見つけるのが簡単なんです。

 

それに、その相互フォローをした人の

フォロワーさんもまた鉱物好きで

間接的にいろいろな人と繋がることができます。

 

SkypeやLINEで繋がる。

 

面識のない同じ趣味の人を1から探すのは不向きなツールで、

SkypeやLINEを通じて知り合うというより、

 

他SNSで知り合ってから、個人的に連絡先を交換して

グループを作るという運用が主です。

 

特に親しい間柄になると

作ったグループで一緒に遊ぶ予定なんかも立てる人がいて、

 

ミネラルショーに行く日程予定を立てた時なんか

どこに泊まると安上がりでいいとか、

寝心地が良い悪いとかの意見が飛び交ったり、

 

観光地が近いからじゃあちょっと遊びにいってみるか、とか

当日自分がミネラルショーで探す鉱物について

語り合ったりして盛り上がったりします。

 

他にも、それぞれの所有している鉱物を

写真と共に見せてみたり、

お互い持っていない鉱物と持っている鉱物を交換する事もあります。

 

長年使っている私の個人的な感想ですが、

仲の良い人との希少な鉱物標本の交換とか、

隠れ家的な鉱物専門店の情報などの秘密のやり取りやら取引は

このツールを介してやることが多い気がします。

 

私はSkypeを使うことが多いのでSkypeでのお話をしましたが、

LINEを使っている方なら、LINEで繋がるのも良いと思います。

 

どっちが良い悪いというのは無いので、

使いやすいほうを使っていくと良いですよ。

 

ミネラルショーイベントや鉱物標本店、現地で繋がる。

 

ミネラルショーなどの鉱物展のイベントに出向き、

見ている鉱物や購入した鉱物を話題に

その場で意気投合なんて事もあります。

 

会場の雰囲気などが相まって、自然と会話が進むでしょうし

連絡先や名刺交換なんかもできます。

 

私もミネラルショーの一ブースで、トルマリンを眺めていた時

「どれもこれも迷っちゃいますよねー;」と、

一人の男性に声をかけられました。

 

その男性と話してみると、

どうやらこの日の為にかなり貯金してきて

出雲石という碧玉という鉱物の一種を探しにきたようです。

 

私は偶然、その人の探している

出雲石を売っている業者さんのブースで

一足先に出雲石を購入していたので・・・・

 

話の延長でその人と

出雲石の売っているブースまでいく事になりました。

 

全く面識の無い者同士で

会場内を歩きながら見て回っていって

あの産地のやつは色がいいけど高くて手が出せない

とか鉱物談義をするのは、楽しかったです。

 

ブースに付いた頃には、その人とすっかり仲も深まり

連絡先も交換することになりましたし、

 

その人もSkypeをやっていたので

その後SkypeやTwitterの仲間にも紹介して、

今ではよく連絡を取り合える趣味仲間となりました。

 

 

 

 

次からは、普通の鉱物収集とは少し違った楽しみ方をご紹介します。

 

友達とのコミニュケーションのひとつにも使えるし、

自分の自慢の鉱物標本を紹介したりする際に活用すると楽しいですよ。

 

おまけ 知り合った友達と楽しめるのは、鉱物談義や買い物だけじゃない。写真を撮ったり人に送ったり、アクセサリー加工したりしても楽しい

鉱物収集は、自分のコレクションを

思い思いにディスプレイしたり

ルーペやライトを観察当てて観察するのも楽しいですが・・・

 

当然、他にも色々な楽しみ方があります。

アクセサリーなどの創作の素材に使って、

自分の作品を作ったり

 

写真に収めて、うまく撮れたなら友達に見せたり

デスクトップなどの壁紙に利用するとか。

 

大切な人へのプレゼントとして、

その人の誕生石を送ってみたり。

 

さまざまな楽しみ方や利用法があります。

 

鉱物を自分だけのアクセサリーへ加工。見て楽しむだけじゃなく、身に着けて楽しむ!

自分の持っている鉱物を素材に、

アクセサリーへの加工をするのも楽しみ方のひとつです。

 

アクセサリーを作るための材料は

石以外もネットで簡単に手に入れる事ができますし

誰でも気軽に試すことができます。

 

原石のまま糸を通してみたり、

籠のような素材の中に入れてみたり。

 

透明度が高かったり傷のない部分を磨いたり

カットしたりしてみたりして

自分だけのアクセサリーが作れます。

 

石を傷つけたくないという人は、

鉱物をレジンで型を取って

中にドライフラワーや水晶のさざれとか歯車などを入れてから固めて

自分だけのアクセサリーパーツとして利用するのも良いかもしれませんね

 

自分の愛する鉱物をカメラで撮影。仲間に自慢のコレクションをアピールしよう

鉱物を眺めて観察したり

ライトを当てて色の変化を楽しむのもまた楽しいですが

カメラで綺麗に撮影するのもまた一興です。

 

綺麗に撮れれば、PCのデスクトップやスマホのトップに飾ったり

プリントアウトしてポストカードみたいにしたり、

 

絵が描ける人なら、その綺麗に撮れた鉱物の写真を

背景として使ってみたり

写真を撮っての活用法も沢山あります。

 

また、撮った写真をTwitterなどで公開して

フォロワーや同じ鉱物収集をする友達の反応を

楽しむのもとても楽しいですよ。

 

鉱物収集が趣味だと地味めなイメージをもたれ易いが、知識が伴っていれば自己紹介の時も好印象、知的や上品なイメージがつけられる

これは私の個人的な体験談になるのですが、

初対面で、自己紹介に「趣味は鉱物収集です」と言うと・・・

 

最初は地味だなとか、

オタクな趣味のように印象付けられてしまうかもしれませんし、

 

私は嘗ていろいろと失敗してきたので、

過去の話をすればそりゃもう悲惨でした。

 

間違った知識を披露して、

友達に偽物の鉱物を紹介してしまって

縁を切られかけるし。

 

保存や管理をしっかりとしていなかったので、

家族にコレクションを捨てられかけるし。

 

自分の周りの人間関係まで、

めちゃくちゃになりつつあって最悪でした。

 

しかし、鉱物収集暦が長く知識も豊富だったり、

あるいは鉱物について正しく勉強して知識も伴っていれば、

好印象だけでなく知的な趣味だとか、

美しいものを集める優雅な趣味だ。

 

といった好印象を持たれやすいです。

 

宝石や鉱物に興味をもち始めた人に対しても

1歩踏み込んだ知識を披露でき、

ジュエリー選びなどでも頼られます。

 

実際私も友達に

彼女の誕生日のプレゼントの事についてアドバイス求められまして、

彼女さんは装飾品が欲しいそうだったので、

誕生日に合わせた誕生石を使ったアクセサリーを一緒に探しました。

 

後日その友達に凄い感謝されて、

友達のお気に入りの飲食店にておごってもらったりしました。

 

 

まとめ

鉱物収集は楽しいですが、

鉱物事情に詳しいお店の店主や、業者さんと仲良くなったり

 

同じ趣味の人と

ネットやイベントで知り合い、繋がっていく事で

視野も広がって、価値観を共有できる友達もできますし。

 

興味が湧いてきたら、

カメラで自慢のコレクションを撮影して人に見せたり、

 

コレクションの一部を自分だけのアクセサリーに

加工したりするなどに挑戦していったりすれば

 

鉱物収集はもっともっと楽しくなります。

 

その他、ここで紹介した事以外も

もっと鉱物の楽しみ方や利用法は沢山あります。

 

鉱物固有の特性を生かした利用法などもあります。

有名なのは湯船に入れると湯冷めしなくなるなどの効能を持った

姫川薬石による温泉効果を楽しんだり。

 

方鉛鉱などの鉱物を使った、

鉱物ラジオといったものを作って

ラジオ周波をキャッチして聴いてみたり

 

新しい楽しみ方や利用法を見つけるのもまた

楽しいと思いますよ。

 

ただ、鉱物収集をはじめたばかりだと

「人との繋がってゆけば楽しくなるよ」

なんて言っても、

 

「接点無いし、話題にも反応してくれるかわからない。」とか

「そもそも話しかけるのが怖い、自分の周りにそんなやついないし」

って思っちゃって

 

正直人と話すのも難しくなりがちだったり、

閉じこもっちゃう人も居ると思います。

 

でも、一人でも理解者が欲しかったりしますよね。

 

そんな時、もしよろしければ、

このブログに気軽にコメントしていってください!

 

お返事もいたしますので

是非ご活用くださいね。

 

それでは、良い鉱物収集ライフを!

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------

 

 

鉱物集めは一生続けられる最高に楽しい宝探しでした。

地球に散らばる天然の美術品、鉱物。

貴方は何がきっかけで、鉱物に興味持ちましたか?

アニメやゲームの

重要アイテムとして出た綺麗な石を見て、

「こういうの綺麗だなあ、実際に欲しいな」

「詳しく知りたいし、集めてみたい」

と思ったり。

家族に買ってもらった小さな石の詰め合わせや、

パワーストーンの掴み取りを体験して

手に入れた石を見て

「いろいろな色の石があって綺麗!」

「もっと沢山集めたいな」

なんて思っていたら石に夢中になった。

興味を持つきっかけも様々だと思います。

私の場合、

小さな頃遊園地に連れて行かれた時に

親が売店で、綺麗な石が沢山詰め込まれたボトルを

買ってくれたのが鉱物収集のきっかけでした。

ボトルの中身は、

小さな粒ながらとても充実していて

私は子供心に

「なんだこの透明感あふれる綺麗な物体は・・・」

「これ石?こんな石があるのか・・」

「これはあれだな、こんなに綺麗なら」

「集めるしかねーな!!!!」

と、石集めを決意。

しかし当時はまだ小学生。自分で使えるお金が多いはずもなく、

次第に鉱物収集から離れていきました。

そして現在、社会人になってからというもの・・・

今まで集められなかった鉱物収集に対する思いが

大爆発!!

自らの給料の半分以上を注ぎ込んで

怒涛の勢いで鉱物収集にのめり込んでいき・・・

ミネラルショーやネットオークションを駆け巡って

たった1年間で143種類もの鉱物を集めるまでに至りました;

たくさんの色とりどりな鉱物に囲まれるようになってからは

「もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!」

と考え、一念発起

私と同じく鉱物に魅力を感じて、鉱物収集を始めたよ、という人の為に

鉱物の管理法や、役立つ商品の情報など

鉱物収集の手助けがしたいと思い、このブログを立ち上げました

そんな私、アキモトのプロフィールはこちらになります。