一生続けられる趣味、鉱物収集で色の無い私の人生は友達や大好きな鉱物に彩られたとても楽しい物に変わった!

はじめまして、アキモトと申します。

 

この記事では私、アキモトの自己紹介と鉱物との出会い

このブログを立ち上げた切欠や思いを語ってまいります。

私は過去1年間で143種類もの鉱物を集め

コレクション用のディスプレイまで買い、

 

鉱物標本を兎に角集めて集めて

集めまくる活動をしている、鉱物コレクターです。

 

今現在も、都内で開かれるミネラルショーに何度も足を運んで

出展している店舗を見て周り事前に狙っていた

貴重な鉱物や綺麗な結晶を購入したり。

 

仲良くなった鉱物標本店に標本を買いがてら

店主やほかの常連さんと

鉱物について熱く語り合ったりしています。

 

たとえば、

「蛍石は何であんなに豊富なカラーリングをしてるんだ

もう集めても集めてもきりないよ!・・・集めるけど」とか、

 

「透明で綺麗な結晶もいいけど、

メタリックでカッコいい奴も集めててたのしいよね。」

なんて、自分の好きな鉱物の魅力についてお互い語ったり・・・

 

「結晶も綺麗な種類のものが多いのに

なんでみんなあまり鉛鉱物に手を出さないのか。

おかしいじゃないか!」なんて、

一種の鉱物の不人気を嘆くお話をしたり。

 

ほかにも、

「水晶って地域毎の特徴がとても多様ですよね。

まるでその土地柄を表しているようだったり、

同じアメジストでも、

マラバ産とメキシコ産で

結晶の成長の仕方や色合いが

ぜんぜん違うじゃないですかー」なんて、

水晶の地域による違いについて語ったり。

 

閉店ギリッギリまで石の話題で盛り上がって、

しばしば予算オーバーな標本を買って

 

家族にぎょっとされて

「お前またこんなの買ったの!?

いや綺麗だけど無理すんなよ!」なんていわれたり;

 

新潟に旅行に行くので、

糸魚川の翡翠を狙うため、

 

白色でかどばったもの

太陽にかざすと輝くものが翡翠だとか

色々な知識を前もって書籍やネットで調べて、

 

実物を見本として買って、持って行き、

ひたすら糸魚川のヒスイ海岸で翡翠をもとめてフラフラ、

 

いまだにヒスイは見つけられてませんが、

石英や瑪瑙、緑煉石などが拾えて

宝探しのような

ほんっとにワクワクな体験ができ、

ちょっと癖になってたりします。

 

さて、今回はそんな私が鉱物に夢中になった

きっかけとその思いを話していきます。

鉱物との初めての出会いは、幼少期の遊園地での事でした

私が鉱物を知るきっかけとなったのは、

5~6歳の頃、家族に連れられていった

遊園地での事でした。

 

私は遊園地のアトラクションを

怖がる子供で、

 

乗り物や

遊園地のキャラクターなど

ほぼ全てにビビってました;

 

だから、

遊園地に行ってもやる事といったら

売店で何かお菓子やらを買ってもらったり、

おもちゃを買ってもらったりする

程度でした。

 

遊園地にきても、

ずっとそんな調子だった私を見かねた母は、

遊園地のおみやげ物コーナーで

あるものを買ってきてくれました。


(中身はこんな感じ)

かわいらしいラッピングがされた瓶の中に

燦然と輝く色とりどりの石が

詰め込まれていたものでした。

 

私は最初、この中身の石は

全部ガラスなんじゃないかと

疑っていましたが、

 

母はにっこりと笑いながら

「これね、ぜーんぶ石なの。」

「きれいでしょ、

実はガラスみたいな石だって

あるんだよ?」

と、瓶詰めを渡しながら言いました。

 

普段道端にころがっているような

石ぐらいしか知らず、

 

宝石のように透明で輝く石など

父親がやっていたゲームや、

当時放送していたアニメで

チラッと見るぐらいしかなかった、

当時の自分は・・・・

 

「こんな透明で

ガラスみたいな石があるのか!?」

と衝撃を受け、

元々ガラスや透明なプラスチックのような

透き通るもの、カラフルなものがすきだった私は

 

「こういうきれいな石、もっとほしい」

「もっと手元におきたい」

 

「もっともっと、石を集めたい!!」

と、石に対して強く憧れを抱くようになりました。

 

その衝撃的な出会いの日から

鉱物に興味を持ち、

買い物をしにいった先で鉱物を扱うお店や、

パワーストーンのお店でねだったり

 

毎回旅行先で、

お土産として売っている

握りこぶしぐらいの天然石を

買ってもらったりして

 

集めた数こそ少なかったですが、

それでも石を見て愛でてきました。

 

しかし、

まだ自分で扱えるお金にも限りがあり、

回りからゲームなどに誘われて

中、高と進んでいくうち、

次第に石とは疎遠となってしまいました・・・。

15年もの時を経て鉱物と再会、きっかけはとても些細な事だった

15年ほどの時が経ち

長い長い就職活動の末

ようやっと仕事が決まって

給料も入り、

毎日それなりにお金を稼いで

暮らしてきた頃の事・・・

 

その当時の自分は、毎日仕事場と家の往復

休日は引き篭もってゲームばかりして、常に無気力。

生きる事全てが惰性と言っても良いぐらい、

張りの無い毎日を過ごしていました。

 

そんな中、

友達に連れられて、

アーケードゲームのイベントを見に

都内のイベント会場へ行くことになりました。

 

友達「よーし、ついたぜ。イベント会場。

いがいと早くこれたな。」

 

アキモト「それはいいんだけど、

それでも滅茶苦茶混んでないか・・・

向こうまで会場の地面が見えないほどってヤバいぞ。」

 

当時、そのゲームイベントの会場は思いの外混んでいて、

友達が私の代わりにイベントのチケットを買いに並んで

「終わったら連絡するからそのへんぶらぶらしてても良いよ」

と言われたので、

会場近くの街中をぶらついていました。

 

しばらくして、

街の散策を終えて暇になってしまった私は

友達からの連絡を待ちながらスマホをいじり、

 

イベントが終わった後に遊びに行くことも考えて

近くのお店の情報をだらーっと調べていました。

 

1~2駅ほどいった所に

なにやら鉱物標本を扱っている店舗を発見!

「鉱物か、懐かしいなぁ。

昔は大好きだったなぁこういうのー。」

 

「たまには、ゲームとかじゃなくて

こういうのも見てみよっかね。

あとで友達に話してみよう。」

 

と、鉱物にはまっていた頃を懐かしみ、

後日友達を連れてそのお店に向かってみることにしました。

天然石ショップに着き、

店の人に案内されながら店内の石を見て回っていて

 

「みたことない石ばっかりだ、こんな種類の石もあるんだな」

 

「昔は私も、こういうの集めてたよな」

「でも親があまり買ってくれなくて、ぜーんぜん集まんなかったし」

 

「私自身も、石は親に強請って買ってもらって」

「自分のお金は貯めるだけ貯めて実際に使うのは・・・」

「ポケモンとかドラクエみたいな、ゲームだけだったなぁ」

 

「あれ、でもまてよ。」

 

「私今ふつうに働いてるし、

昔より遥かに資金面で余裕があるよな。」

 

「自分の稼いだ金で石が買えるんじゃん!」

 

「そうと決まれば銀行いかねば!」

 

「石が私を待っている!!!!」

 

社会人になり自分のお金で

鉱物が買えるという事実に気づいた私は、

 

今まで抑圧されていた

鉱物に対する収集欲が

どっと流れ出してきました。

 

そのせいか、

今まで友達との行動が基本だった私が

仕事で給料が入るたび

月1回のペースお店に通ったり・・・

 

もっていない鉱物、

ほしい鉱物をとりつかれたかの様に

とにかく仕事の休憩中だろうが

家で寝る前だろうが、

手探りで調べたり、

 

月1ペースでお店に通うようになってから、

お店の店主と仲良くなりました。

それから数ヵ月、

お店や旅行先で鉱物を順調に集めて、

友達も趣味に誘えるようになった頃・・・

 

私はある失敗をしてしまいました。

鉱物収集始まって以来の大失敗!ネットの情報だけを鵜呑みにした私

ある失敗とは、

ネットで集めた情報を元に

友達の好みに合わせて

 

自信満々にオススメした鉱物が

実は天然ではない加工品だったことです。

 

天然石にこだわり

加工された石を嫌う友達に、

 

あろうことか天然ではない、

しかも加工品をオススメしてしまった!

 

友達には半分あきれ気味に

「偽物じゃんこの石。

 違う石を染めて作られてるみたいだぞ。」

と、批判されました・・・。

 

私は

「そんな馬鹿な!ちゃんとネットで

石の事は把握してるのに」

「何かの間違いだろう!?」

と思い、自らその鉱物について調べました。

 

すると・・・・

その鉱物は、友達の言うとおり

石を染めてつくられた加工品だったのです・・・

 

「ちゃんとした鉱物の知識を得たと思ったのに」

「私は思い切り恥をさらしてるじゃないか・・・!」

 

私は友達にその場で謝りましたが、

意図せず適当な情報を与えてしまったからか

 

友達からの信用も落ち、

声もかけづらい状態になって

自分の知識に自身が持てなくなりました・・・。

 

鉱物を生きがいとしていたはずなのに、

その失敗があってから、

自分は適当なやつなんだと考えてしまい

 

鉱物収集を楽しむことが

できなくなっていました。

天然石ショップの店主にオススメされた、一冊の図鑑

私は、どうにかして正しい知識を得て

かつてのように鉱物収集を楽しみたいと思い

いきつけの天然石ショップの店主に

相談してみる事にしました。

 

すると、

鉱物について詳しく書かれた

ある書籍を紹介してもらいました。

 

書籍なんて前時代的な感じするよなぁ

と偏見を持ちつつも、

せっかくだから見てみようと

ためしにその書籍を読んでみる事にしました。

 

すると、

書籍には基本的な鉱物が

数多く、詳しく載っており、

 

ネットで検索して出る

適当な情報など無いことから、

鉱物について勉強・把握する事が

スピーディに行えました。

 

その書籍をとおして

鉱物の正しい知識を勉強することができて

ほかにも、その正しい知識を元に

ネットで鉱物を調べる際も偽物にだまされる事なく

 

相場や性質、

形状や硬度なんかの知識を得たりなどして

鉱物に関する正しい知識を得る事ができました。

 

そして、正しい知識を得たことで、

自信がついた私は・・・

 

かつて、

本人が求める天然石とは違い、

加工品を紹介してしまった友達へ

正しい知識の元、

もう一度、鉱物をお勧めすると・・・・

 

「この前の事もあるし

正直半分期待してなかったんだけど・・・」

 

「この石は加工無しのしっかりした本物なんだな」

「アキモト、やるじゃん!」

 

「この前のはまぁ、情報が悪かったんだろ?」

「これからも鉱物についてはお前に聞くわ

よろしくな!」

と言われ、

 

以来、信用を失った過去から一転、

より一層私に鉱物について

聞いてくるようになりました。

 

そのほか、

自分の鉱物収集においても

どんな鉱物を中心に集めるか目標を立て、

 

店主や友達もそのターゲットとなる鉱物を

調べたり入荷して協力してくれで、

どんどん自分のコレクションの内容を濃くしていきました。

 

「今なら、今の自分なら

どんな鉱物も集められる。」

 

「鉱物初心者から卒業するべき時だ・・・」

 

「大量の鉱物と鉱物好きの集まる一大イベント、

 ミネラルショーにいってみよう。」

 

「そこでさらに、様々な鉱物と出会うんだ!」

 

私は鉱物に対する情熱と勢いを失わずに、

ついに初めてミネラルショーと呼ばれる

鉱物の即売会イベントに

乗り込む事を決心しました。

 

当時興奮しすぎてほぼ一睡も出来なかったにもかかわらず

コーヒーとエナジードリンクを飲みつつ

ミネラルショーへ意気揚々と向かったのを

今でも鮮明に覚えています;

(その帰り寝過ごしましたが)

 

会場は予想以上に多くの高いクオリティの鉱物標本が並び、

大興奮で財布の紐が緩むのを何とか抑えながら

まずは冷静に会場全体のブースを見て周りながら状況判断

 

自分の財布と相談しつつ

興味を持った鉱物を給料の約半分を使って購入しました。

 

狙っていた鉱物をついに手に入れた時の達成感と、

特別なものを手に入れたという感動を同時に得れる・・・・

 

それだけでなく、鉱物の自然が作り出したとは思えない

規則正しく美しい結晶群は見ているだけでも、

心から癒され日々の仕事疲れを忘れさせてくれるほどで・・・

 

仕事場と家の往復、

休日は引き篭もってゲームばかりして、

友達からも無気力だと言われていた私は

鉱物収集という趣味にはまることで

毎日に潤いを得る事ができました。

 

そして、その鉱物について

書籍をつかって勉強してしっかり把握する事で、

 

友達との鉱物談義でも、

たくさんの話題と知識を共有して

親しい友達関係も築きあげる事ができましたし

 

みんなから一目おかれる存在となりました。

 

鉱物と再会して2年。鉱物のおかげで今の私の人生は最高!鉱物収集は一生続けられる宝探しだ。

 

私はすっかり鉱物コレクターになり、

自分のコレクションを

自室のキャビネットの中にディスプレイして

毎日眺められるような状態にまで発展させていました。

 

鉱物収集も落ち着いてきて、

のんびりと毎月いつもどおり

天然石ショップに向かっていて

私はあることに気づきました。

 

そういえば私は

今でこそ店主とこうやって知り合い、

仲良くなって色々教えてもらったり

珍しい石を手に入れているけど、

 

仲間内で鉱物について

深く語り合える人はほんの一部で

仲の良い店主を含めても2人ほど。

 

仮にもし、

私のように鉱物に興味を持ち始める人が居ても

友達と始めないでもない限り、

一人だと途中で飽きて去ってしまうかもしれない

 

思いがけない素敵な鉱物との出会いを

見逃しちゃうかもしれないし、

 

過去の私のように間違った知識や情報を得て、

辛い思いをしてしまうかもしれない。

とても勿体無い思ったわけです。

 

そこで私は 自分と同じ様に鉱物収集を始めたいという人の為に

鉱物集めのサポートとして便利な情報や

商品などを出来る限り紹介したり、

 

もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!

もっと同じ鉱物好きの人と繋がりを作り上げたい!

という思いでこのブログを作りました。

 

今から鉱物収集趣味を始めるという人の為の

良き情報交換の場として

一緒に鉱物について語ったり、

 

自慢の標本を見せあったりして

交流も出来たらと思っています!

 

このブログを介して、

少しでも貴方の鉱物収集ライフが

豊かになれば幸いです。

 

 

 

 

Ps 最後に、こちらの記事で

私が正しい鉱物の知識を得た書籍を

詳しくご紹介しておきます。

もし興味があれば、是非ご覧ください!

 

鉱物についての基本的な知識や、

意外な事実がたくさんの事が書かれており

 

ネットでの変な情報に惑わされる事無く

鉱物についてしっかり勉強・把握できる一冊です。

 

この本があったから、

昔の友達とのトラブルやわだかまりも解決し、

鉱物はこいつに聞いとけば大丈夫!と呼ばれるほど

信頼を得ることができましたし、

 

鉱物について話題をたくさん提供できることから

収集家や、天然石を取り扱うお店の店主とも

とても仲良くなれて、

 

希少な鉱物をお得な価格でいただいたり、

鉱物についての情報交換もするようになりました。

 

そんな鉱物についてしっかりとした知識を持てる書籍は、

こちらで詳しく紹介しております。

美しい鉱物 鉱物標本、宝石の見分け方を覚えるならお勧めの一冊。これが有ったから私は鉱物収集を続けられている!

 

興味のある方はこちらからご購入いただけます。

↓        ↓         ↓

美しい鉱物 レアメタルから宝石まで鉱物の基本がわかる! (学研の図鑑) [ 松原聡 ]

--------------------------------------------------------------------------


私の人生は鉱物の美しい結晶たちによって楽しく生き甲斐のある物に変わりました。

地球に散らばる天然の美術品、鉱物。
貴方は何がきっかけで、鉱物に興味持ちましたか?

ゲーム・漫画に出てくる重要アイテムだったり、
母親など身近な人がつけているアクセサリーだったり。
興味を持つきっかけも様々だと思います。

私も幼少期の親からのプレゼントがきっかけで
社会人になってから鉱物に夢中になって
たった1年間で143種類もの鉱物を集めました;

しかし、その一年間のうちに思ったのです。

鉱物収集って趣味は、
同じ趣味で話が会う人を探すのも難しい

おまけに一人だから鉱物に関する知識も
手探りで手に入れるしかないから
間違った情報も入ってくる。

これじゃあ、せっかく興味を持ってくれた人の中にも
長続きしない人がでるよなって。

じゃあ、もし私が鉱物に興味を持ってくれた人をサポートできれば、
もっと鉱物収集をする人が増えて、
鉱物収集という趣味が活性化するんじゃないか?
いろいろな人と鉱物の面白さを分かち合えるんじゃないか?


「そうだ、もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!」
「この一生続けられる鉱物収集の手助けをしたい!」


そう考え、一念発起してこのブログを立ち上げました。
中々知る機会のない鉱物の管理法や、
鉱物収集に役立つお得な情報などを発信しています!
そんな私、アキモトが鉱物収集で得た経験はこちらで紹介しています。