緑色した日本の国の石!古来より愛された魅惑の鉱物 翡翠を探そう!

こんにちは、アキモトです。

 

この記事では、翡翠の見分け方と種類について

解説していきたいとおもいます!

 

翡翠というと、

古くから勾玉(まがたま)などの

アクセサリーに加工されたり、

 

硬くて丈夫な事から

彫刻の材料にも使用される

日本を代表する国石とされた

深緑色をした宝石です。

 

今回は、そんな浜辺の宝石、

翡翠の捜し方見分け方と

その意外な種類について語っていきます。

翡翠は古来より愛されてきた緑色の宝石


photo by James St. John

翡翠(ジェイド)または硬玉は、

東洋、中南米で古くから利用されてきた

人気の高い深緑色の宝石で、

 

主に、翡翠輝石と呼ばれる

微細な結晶が集まってできた塊状で産出し、

単結晶としての産出はとても少なく貴重です。

 

微細な結晶の集まりであるから

非常に衝撃にも強く、

 

そのことから、


photo by Jirka Matousek

石器時代には石斧といった道具や

勾玉や仮面、ボタンなどの装飾品

小杯などの器、彫刻の置物など、

幅広く利用されてきました。

産地は非常に限られており、

日本、ミャンマー、メキシコ

ロシア、グアテマラなどで産出しています。

 

日本では

新潟県糸魚川市にある、

ヒスイ海岸と呼ばれる場所で拾え、

素人からプロまで、

数多くの人が翡翠との出会いを求めて

海岸に訪れます。

 

プロでも数日歩き回って1個みつけるかどうか、

というほど難易度が高い翡翠探しですが、

本物の翡翠を見分けるコツはたくさんあります。

 

私も翡翠拾いをした後、

鑑定士さんに教えてもらった基準があるので

 

次の項目ではその翡翠を見分けるコツを

詳しく紹介していきます。

海岸で翡翠を見分けるコツとは?

半透明で光を通すとは限らない。

基本的に光を通し、緑色に輝くのが翡翠

と言われていますが、

 

翡翠は必ずしも半透明で

光を透すわけじゃなく

透明度の低いものも存在します。

 

だから、翡翠っぽいなと思って拾った石が、

実際ライトで透過出来ないものだったとしても

まだあきらめる必要はありません。

翡翠は硬度が高いので、水によって削られにくい。だから角ばっている

翡翠は潮に揉まれても固いから

ほかの石よりも角が削れきれず

角ばっていることが多いです。

 

蝋やワックスのような光沢が見られ、

また他の石と違い、乾いても白く粉吹くことはありません。

翡翠は緑色とは限らない。海岸では主に白っぽいものが多く緑以外にも種類がある。

世間一般的に、翡翠は緑色!

というイメージが前に出てしまいがちですが、

 

海岸で翡翠探しをする際には

そのイメージは捨てたほうが良いです。

 

翡翠の多くは白色であり、

透過できる場合はライトをつけて

ようやっと緑色に輝いて見える

というものがほとんどです。

 

色がはっきりした翡翠は

白、緑以外だと

主に、青、黒、紫、ピンク、黄、橙と

意外なほど色のバリエーションが多く、

 

とくに紫色の翡翠は

ヒスイ海岸と同じ糸魚川市にある

ラベンダービーチという所で取れるそうです。

翡翠は見た目より比重が高く重い。小石なのになんか気持ち重く感じる石はもしかしたらアタリかも

 

前述のとおり、翡翠はほとんどの場合に

微細な結晶の集まった塊状として産出し、

普通の石と違って見た目より重いです。

 

これ怪しいなと思った石を手にとって

比べてみるのも

鑑定法として使えます。

最後に

ここまで紹介してきた翡翠の特徴で、

ある程度ヒスイがどういったものか

把握することができたかと思います。

 

ただ、最終的に

翡翠がとれるかどうかは

あなた自身にかかっています。

 

根気よく探して、比べて

なんども翡翠探しの経験をつむことが

緑色の宝石、翡翠とめぐり合う

一番の近道といえるでしょう。

 

きっと貴方の見つけた翡翠は、

コレクションでも一際輝く

お気に入りとなってくれるはずです。

--------------------------------------------------------------------------



鉱物収集って最高に楽しい宝探しだ!

地球に散らばる天然の美術品、鉱物。

貴方は何がきっかけで、鉱物に興味持ちましたか?


ゲーム・漫画に出てくる重要アイテムだったり、

母親など身近な人がつけているアクセサリーだったり。


興味を持つきっかけも様々だと思います。


私も幼少期の親からのプレゼントがきっかけで

社会人になってから鉱物に夢中になって


たった1年間で143種類もの鉱物を集めました;

しかし、その一年間のうちに思ったのです。


鉱物収集って趣味は、

何かと一人でする事が多くて

友達とも話題を共有しづらいし


話が会う人を探すのも難しい

おまけに一人だから鉱物に関する知識も

手探りで手に入れるしかない。


これじゃあ、せっかく興味を持ってくれた人の中にも

長続きしない人がでるよなって。


じゃあ、もし私が鉱物に興味を持ってくれた人をサポートできれば、

もっと鉱物収集の趣味も増えてくれるんじゃないか?

「そうだ、もっと色々な人とこの鉱物の楽しさと感動を共有したい!鉱物収集の手助けをしたい!」

そう考え、一念発起し


私と同じく鉱物に魅力を感じた

綺麗な鉱物を始めたい!

鉱物の世界にどっぷりと浸かりたい!という人の為

鉱物収集の手助けがしたいと思い、このブログを立ち上げ

中々知る機会のない鉱物の管理法や、鉱物収集に役立つお得な情報などを発信しています!

そんな私、アキモトのプロフィールはこちらになります。